縦糸横糸合同会社

縦糸横糸合同会社

CONCEPT

縦の糸と横の糸を、次世代へ繋ぐ

“東北”の暮らしの中で受け継がれる「地域文化」に関する専門的知見と、新たな視点や様々な人材を繋ぎ合わせ、“知る・体験する・感動する・交流する場”を企画・デザインし、より魅力的な“東北”を次代へ継承・発展させていくため、各種プロジェクトを共創します。

東北

山川人野海

祭りや郷土芸能、季節ごとの行事と食文化、手しごと、あきない、なりわい。

山川人野海

東北

に

眠る可能性

「東北」には、自然と人が共にいきる場所があります。
十年後、百年後も、その地でくらし続けるため、祈り、願い、知恵と工夫を織り込みながら受け継いできた人たちがいます。

「東北」には、自然と人が共にいきる場所があります。
十年後、百年後も、その地でくらし続けるため、祈り、願い、知恵と工夫を織り込みながら受け継いできた人たちがいます。

「東北」には、自然と人が共にいきる場所があります。
十年後、百年後も、その地でくらし続けるため、祈り、願い、知恵と工夫を織り込みながら受け継いできた人たちがいます。

急激な社会変化や災害でも揺るがなかった、風土固有の地域文化。
一方、変わる・変える・創ることで手に入れたより良いくらし。
「東北」には、そのいずれもが、今も息づいています。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

今日まで先人たちが守り、伝えてきたものを次代へ。
私たちも100年後の子孫のことを想像し、新しい東北像を創造してみよう。
「東北」の古くも新しい伝え方を、次代へと継ぎ、紡いでいくために。

アロー

縦糸横糸合同会社は
立ち上がりました

ESSENCE

縦の糸と横の糸を次世代へ繋ぐ

先人たちは、私たち子孫が幸福に生きるための祈り、願い、時代時代の流行や感性に、経験からつかんだ知恵や工夫を織り込んだ“縦の糸”を、しなやかに繋いできてくれました。

その糸を切ることなく、再び手繰りよせ、今を生きる私たちが新たに出会う多分野・多視点のネットワークと感性の“横の糸”で結ぶ。

縦糸と横糸を、ほどいては結び直し、新たな方法(仕組み)を編み出していくことで、次世代へ繋ぎたい「東北」像を織り上げる。それが縦糸横糸合同会社の社名の由縁です。

WORKS

  • 地域文化団体との幅広いネットワーク
  • 新たな視点・表現の提案
  • 地域文化に関する企画やワークショップ、アウトリーチのノウハウ
2018-現在
文化庁×WOW株式会社×縦糸横糸合同会社「文化庁文化芸術による子供の育成事業–巡回公演事業【BAKERUの学校】」

ー デジタルアートで「体感」する郷土芸能の世界 ー
ビジュアルデザイン会社のWOWとともに東京都内小学校で試験的に実施した。WOWのメディア技術を生かして、郷土芸能の発信と次世代への伝え方を模索している。
試験授業は、郷土芸能の紹介と「東京鹿踊」の実演に加え、児童自身のストーリーを形にするオリジナルお面作りを実施。さらにそのお面を使ったWOWオリジナル作品『BAKERU』の体験と、メディア芸術を支える技術の体験授業を行った。2019年からは全国の小学校を巡回する。 →「BAKERU バケルの学校」事業(文化庁)。

@東京都小金井市立前原小学校 【企画立案協力、東京鹿踊コーディネート】

  • 文化庁文化芸術による子供の育成事業
  • 文化庁文化芸術による子供の育成事業
  • 文化庁文化芸術による子供の育成事業
2018.04
WOW株式会社「WOWが動かす世界展」

東北仙台で創業し、東京・世界で活躍する映像ビジュアルデザイン会社WOW。東北の郷土芸能をモチーフとしたお面を身に着け、“化ける”ことができるインタラクティブ作品《BAKERU》のプロモーション映像の出演団体コーディネートを行なった。

youtube
https://www.youtube.com/watch?v=LybGJGYdUGA

@東京都港区 スパイラル【出演団体コーディネート】

  • WOW株式会社「WOWが動かす世界展」
  • WOW株式会社「WOWが動かす世界展」
  • WOW株式会社「WOWが動かす世界展」
2019.03
縦糸横糸合同会社×株式会社宮本卯之助商店「岩手〜郷土芸能のミカタ写真展〜」・「いわてシシトーク&SHO-ZOKU展」

郷土芸能の魅力を感じる写真を広く一般から募集し、作品を通じて芸能の継承のモチベーションアップと、現地での芸能鑑賞・体験に繋げることを目的に開催。外国人が行き交う東京浅草の神輿・祭り用具専門店宮本卯之助商店で、全国各地の祭り・芸能文化に関する展示・発信をすることで、祭り関連企業ならびに日本文化のイメージアップに繋げ、さらにはシリーズ化を目指す。第一弾は岩手県の郷土芸能写真展を2週間開催した。
併催イベントとして、平成30年度 岩手県「訪日外国人向け伝統文化鑑賞・体験プログラム開発業務」PR事業 「いわてシシトーク&SHO-ZOKU展」 を実施。岩手県に伝わる郷土芸能「シシ踊り」9団体の若手伝承者を招聘したトークイベントと、シシ頭の展示を行った。

【協力】
㈱宮本卯之助商店(東京都台東区)
㈱京屋染物店(岩手県一関市)
わらび座(秋田県仙北市)

@東京都台東区 宮本卯之助商店西浅草店【展示会企画/トークイベント企画】

  • 岩手〜郷土芸能のミカタ写真展
  • 岩手〜郷土芸能のミカタ写真展
  • 岩手〜郷土芸能のミカタ写真展
2018.03
【東京鹿踊】
日本の伝統文化のなかに生きる動物たち

@東京都多摩市 多摩動物公園【出演/ワークショップ/シンポジウム】

  • 日本の伝統文化のなかに生きる動物たち
  • 日本の伝統文化のなかに生きる動物たち
2017-2018
【東京鹿踊】
西向天神社例祭、大正大学、株式会社宮本卯之助商店&渡辺薫氏KaDON鹿踊ワークショップ

@東京都新宿区 西向天神社【出演/ワークショップ】
@東京都豊島区 大正大学【講義】
@東京都台東区 HIBIKUS浅草Basement【外国人向けワークショップ】

  • 西向天神社例祭
2017-現在
一般社団法人おしかリンク

<地域資源発掘、地域課題解決のための企画開発>
東日本大震災で被災した宮城県石巻市の牡鹿(おしか)半島の地域復興・地域づくり・活性化を目的としたまちづくり構想の企画・実施、ブランディング、プロモーション等へのアドバイザリー業務を行った。

牡鹿半島浜泊推進協議会
<映像コンテンツ制作>
牡⿅半島の魅⼒を発信するためのプロモーションコンテンツの制作を行った。
http://oshika-hanto.com/

@宮城県石巻市 牡鹿半島【企画アドバイザリー/映像コンテンツ制作】

  • 一般社団法人おしかリンク
  • 一般社団法人おしかリンク
2018-現在
南信州民俗芸能パートナー企業制度

<地域資源発掘、地域課題解決のための企画開発>
南信州の民俗芸能を確実に未来に継承するため、民俗芸能保存・継承団体に協力・支援していただける民間企業・団体の皆さんとのマッチングならびに、企画プロデュース業務を行った。

「南信州民俗芸能ナビ」 http://mg.minami.nagano.jp/

@長野県南信州地域【企画プロデュース / プログラム開発】

2018
NHK盛岡放送局「おばんですいわて【つなぐ、いわての芸能】」

2018年に開局80周年を迎えたNHK盛岡放送局の記念特集として「おばんですいわて」内《つなぐ、いわての芸能》(2018年4月〜12月のうち月1回)および特集番組「再発見いわてスペシャル つなぐ–いわての芸能–」(2018年12月14日NHK総合放送)制作における、企画構成協力、ロケ、年間パーソナリティ兼コーディネーターとして参画した。

「つなぐ、いわての芸能」 「再発見いわてスペシャル つなぐ–いわての芸能–」

@岩手県 NHK盛岡放送局【出演者コーディネート/番組ナビゲーター】

2017-2018
岩手県「訪日外国人向け伝統文化鑑賞・体験プログラム開発事業」【michi now Q】(委託)

<東北の地域文化に関するイベント、ツーリズムの企画・運営>
岩手県委託事業。岩手県(文化スポーツ部文化振興課)ではラグビーワールドカップ2019™や東京オリパラ競技大会を控える岩手県を訪れる外国人らに、県が誇る民俗芸能をいかに効果的に伝え、唯一無二の体験と出来るか、2017年、2018年の2ヶ年で県内4ヶ所(県北・盛岡・沿岸・県南の各広域振興局)から民俗芸能を選出し、県内外在住の外国人モニターを活用し、各種プログラムを実施し、検証した。また首都圏でのPRも実施した。

michi now Q2017プロモーション映像

@岩手県内全域【企画プランニング・制作/イベント企画・制作/芸能団体招聘・コーディネート/映像制作】

  • michi now Q
  • michi now Q
  • michi now Q
  • michi now Q
2017-2018
八戸ポータルミュージアムはっちプロジェクト「DASHIJIN事業 教育プログラム/映像記録」(委託)

<共創型教育プログラムの企画・運営>
八戸市委託事業。「DASHIJIN事業」とは、「はっち」を拠点に、八戸三社大祭(はちのへさんしゃたいさい)の山車(だし)を取り巻く市民の多様な力、技、知恵、美意識に着目し、市民自らが参加者となり、豊かなまちを動かしていく底力を生み出すコミュニティプロジェクトを、2017年度より「はっち」の委託で企画制作。2017年度は子ども達が山車作りの現場に出向き映像記録やインタビューを行う(マツリポーターと命名)プログラムを通して、祭りへの新たな関わり方・支え方の提案を行った。

2018年度は、①教育プログラム:祭りを支えているまちの人々の縁の下の活動に光をあてて、子どもたちが自分のふるさとの祭りのすばらしさを学ぶことができる教材や、2校時から4校時で完了する教育プログラムを、小学校現場との協働で作成。②映像制作プロジェクト:2020年に向けてDASHIJINプロジェクトの記録の作品を制作。
http://hacchi.jp/programs2/dashijin/

@青森県八戸市【企画プランニング・制作/映像制作】

  • るDASHIJIN事業
  • るるるる郷土芸能
2017-現在
文化芸術の力による心の復興事業「地域芸能アウトリーチ」

宮城県委託事業。文化芸術の力を活用した、被災者の心の復興を図るための事業で、2017年2月「郷土芸能体験ワークショップ」に続く。芸能の役割の再認識と継承を図るため、小学校でのアウトリーチを実施、企画協力とファシリテーションを行っている。

@宮城県南三陸町 志津川小学校【ワークショップ企画・ファシリテーション】他

2017
宮城県「地域芸能等再興支援策検討に係る調査報告書」(委託)

<地域資源、地域課題の調査・記録・アーカイブ制作事業>
宮城県文化振興財団委託事業。宮城県内の地域芸能(郷土芸能・民俗芸能)の存続に向けた支援策を検討するため、伝承する団体に共通する課題や取り組みについて、現地ヒアリング調査・記録および分析検討を実施した。

@宮城県全域【調査・取材/映像記録/報告書執筆・作成】

  • 宮城県「地域芸能等再興支援策検討に係る調査報告書」
  • 宮城県「地域芸能等再興支援策検討に係る調査報告書」
2017.06 / 2018.01,02
カグラツクル vol. 1.2.3(自主企画)

<地域振興、文化振興に関わるプロモーション・企画・コンテンツ制作事業>
岩手県一関市を中心に近隣自治体、宮城県に広く伝わる「南部神楽」(なんぶかぐら)の「道具・衣装」を作る過程を体験するという視点から、演舞だけではない関わり方や支え方の機会を提案、再確認する場を創出し、さらに、ものづくりの担い手を見つけ出すために企画し、「カグラツクル」と名付けてシリーズ化している。

@岩手県一関市内各地【プランニング/ワークショップ企画・制作/ファシリテーション/団体コーディネート】

  • カグラツクル
  • カグラツクル
2017.12
文化芸術の力による心の復興事業「地域芸能アウトリーチ」

宮城県主催。文化芸術の力を活用した、被災者の心の復興を図るための事業で、2017年2月「郷土芸能体験ワークショップ」に続く。芸能の役割の再認識と継承を図るため、子ども達へのアウトリーチを実施、企画協力とファシリテーションを行った。

@宮城県南三陸町 志津川小学校【ワークショップ企画・ファシリテーション】

2017.11
カグラ・まち・めぐる(協働企画)

<地域振興、文化振興に関わるプロモーション・企画・コンテンツ制作事業>
平成29年度一関市地域おこし助成事業「カグラ・メグル・プロジェクト」(カグラ・メグル実行委員会)企画協力。岩手県一関市を中心に近隣自治体、宮城県に広く伝わる「南部神楽」(なんぶかぐら)を、従来の「見る」型のイベントではなく、神楽を軸とした市街地探索・「カグラツクル」ワークショップ・映像鑑賞など、町文化を「知る・発見する・体験する」機会を創出することで、住民と伝統文化「南部神楽」が新たな出会いを果たすことを目的に開催した。

@岩手県一関市内【プランニング/ワークショップ企画・制作/ファシリテーション/団体コーディネート】

  • カグラ・まち・めぐる
  • カグラ・まち・めぐる
2016-2018
くりはら万葉祭

<地域振興、文化振興に関わるプロモーション・企画・コンテンツ制作事業>
“里山のもと、その根源たる「土」と「火」のまつり 古きを囲み踊り歌い語るまつり”をコンセプトとしたイベント。2016年から弊社が企画協力しており、郷土芸能の出演交渉、体験ワークショップなどを行なった。https://www.facebook.com/manyousai/

@宮城県栗原市 風の沢ミュージアム【プランニング/ワークショップ企画・制作/ファシリテーション/団体コーディネート】

  • くりはら万葉祭
  • くりはら万葉祭
2017.02
文化芸術の力による心の復興フォーラム

宮城県主催事業。様々な立場で東日本大震災被災者を支える関係者が一堂に会し、心の復興への課題や、これまでの取組の成果を共有し、次の一歩につなげるためのワークショップ型フォーラムの検討、郷土芸能体験ワークショップ「シシフリのいる風景」の企画・ファシリテーションなどを行った。

@宮城県石巻市【ワークショップ企画・ファシリテーション/パネリスト/芸能団体コーディネート】

2016.05
G7 仙台財務大臣・中央銀行総裁会議 仙台・東北 トレジャーズカフェ「るるるる郷土芸能」

「見る」「触れる」「作る」「踊る」といった五感や身体をフル活用する、能動的に知ろうとする一連の過程を通し、郷土芸能やそれにまつわる技や知恵との接点や入り口づくりをし、東北の地域文化を体感してもらうプログラムを企画した。本企画では、2芸能の比較公演に加え、芸能に関わる布や染職人、異業種の紙の企業の協力を得て、子どもたちと共にカシラや衣装を作り、実際に踊る体験ワークショップを行い、より深い関心と他視点による関わり方を提案した。

@宮城県仙台市 せんだいメディアテーク 2016年5月【企画/演出/制作】

  • るるるる郷土芸能
    【かたる】トーク :仙台の色、芸能の色
  • るるるる郷土芸能
    【みる/ふれる】デモンストレーション
  • るるるる郷土芸能
    【ふれる/つくる】ワークショップ
  • るるるる郷土芸能
    【おどる】ワークショップ
  • るるるる郷土芸能
    【へんしんする】ワークショップ
2016.11
「カグラメグル2016」

民俗芸能である神楽を、あえて演劇のような舞台空間でみせる試みを行った。既存のホール公演は全て主催者やホール側が用意してくれるが、出演団体が舞台の仕組みを知り、活用することで、自主的に伝統的な演出方法を見直し、かつ新たな表現の幅を考える場を提供した。

@岩手県一関市ガレージホール 2016年11月【企画アドバイス/トーク出演】

  • カグラメグル2016
2016.08
「第6回三陸海の盆 in 南三陸」

東日本大震災後、被災地持ち回りで開催されている「三陸海の盆」。震災でその存在意義が再定義された郷土芸能の支援・応援と、お盆に近い日程で開催する「供養」に特化したイベントであり、各芸能の特性を適切に捉えた選出と交渉、内容の企画を専門的知見から行った。また、より理解が深まるよう平易な解説と進行を行った。

@宮城県南三陸町 2016年8月【企画/演出/進行・解説/団体招聘】

  • 第6回三陸海の盆 in 南三陸
2015.08
「こどもの夢ひろばボレロ~つながる・集まる・羽ばたく~ 郷土芸能体験ワークショップ~大室南部神楽~」

子ども向け民俗芸能公演や、道具の展示、子どもたちによる神楽体験を展開した。民俗芸能を歴史や保存だけでない視点で触れられる機会を創ることで、ハードルを低くし、かつ学びの場とすることを意識した企画である。また出演団体によるワークショップコンテンツづくりのアドバイスを行うことで、自主性の促進を図った。

@宮城県仙台市 日立システムズホール仙台【企画/演出/制作】

  • こどもの夢ひろば
  • こどもの夢ひろば
2013.06-現在
東京鹿踊 TOKYO SHISHI-ODORI

東京鹿踊は、岩手県出身の首都圏在住者と、鹿踊を通して芸能や地域への関わり方、あり方、未来を考えるためのプロジェクトを実行する外部有志で組織されている。これまで、首都圏での公演やCM出演といった郷土芸能発信企画、地方との関わり促進や交流活性化のためのツアーや道具作りなどの体験型企画、聞取りや記録などアーカイブ企画などを行っている。都市部において、地域文化を発信・体験する場や機会を提供し、興味や関わりの入口が拡がり、更新され、それによって交流人口の増加や、出身者の還元が促進され、活性化に繋がることを目的とする。(2013年6月結成)

東京鹿踊の活動に興味がある方はこちらへ→ 東京鹿踊 TOKYO SHISHI-ODORI

【東京鹿踊】のこれまでの主な活動
2019年「シシ頭づくり」@岩手県一関市 行山流舞川鹿子躍保存会【鹿踊の道具製作習い/交流】
2019年2月「変わりゆく伝統芸能」@京都市 伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス(京都芸術センター)【シンポジウム/出演】
毎年5月第3土曜日「西向天神社例祭」@東京都新宿区 西向天神社【出演/ワークショップ】
2018年3月「日本の伝統文化のなかに生きる動物たち」@東京都多摩市 多摩動物公園【出演/ワークショップ/シンポジウム】
2018年「株式会社宮本卯之助商店&渡辺薫氏KaDON鹿踊ワークショップ」@東京都台東区 HIBIKUS浅草Basement【外国人向けワークショップ】

  • 東京鹿踊 TOKYO SHISHI-ODORI
  • TOYOTA CROWN CM
  • 日本の伝統文化のなかに生きる動物たち
  • 日本の伝統文化のなかに生きる動物たち
  • 西向天神社例祭

MORE

ABOUT

私たちができること

私たち、縦糸横糸合同会社は、“東北”の暮らしの中で受け継がれる「地域文化」に関する専門的知見と、新たな視点や関わり方を繋ぎ合わせたプロジェクトを共創します。

地域の資源や人材・機関と、様々な領域で活動する企業、クリエイター、ファンらを繋ぎ、 地域文化における“知る・体験する・感動する・交流する場”を企画・デザインすることで、 東北という地と東北に関わる人々が、より魅力的に関係・継承・発展していくためのプラットフォームときっかけづくりを提供します。

趣旨に共感いただける企業・機関・個人の方は、是非お声がけください。

事業内容

東北の地域文化(郷土芸能、祭り、技術、食文化、生活様式等)に関わる以下の事業を行う

  • 地域文化の再発見、再構築、
    継承に関わる事業

  • 地域文化と外部との
    コーディネート

  • 地域活性・人材活性プロジェクトの
    ディレクション

  • プロデュース

  • コンテンツ制作

  • 情報の発信

  • 記録・アーカイブ

  • 講演・取材・執筆

  • ワークショップの企画・提案

  • イベントの企画・制作・演出

  • 文化芸術に関わる業務

  • 東京鹿踊プロジェクト

スタッフ

代表
小岩 秀太郎(こいわ しゅうたろう)KOIWA Shutaro
縦糸横糸合同会社 / 東京鹿踊
代表 コーディネーター
MAIL

1977年生まれ。岩手県出身。
郷土芸能「鹿踊」伝承者。(公社)全日本郷土芸能協会(東京都)に入職し、芸能の魅力発信や東日本大震災復興支援、コーディネートに携わる。東日本大震災を契機に「東京鹿踊」ならびに「縦糸横糸合同会社」(2016年創業・宮城県仙台市)を立ち上げ、「東北」に残る日本の豊かで深い地域文化を発掘・編集し、他分野・新分野や次代へ繋ぐ企画提案を国内外で行っている。
東北と東京の二拠点で活動中。

実績
  • 郷土芸能関連企画制作(交渉・招聘・提案・演出)
  • 東日本大震災被災無形民俗文化財調査・支援
  • 岩手県大船渡市他「三陸国際芸術祭2014~2016」
  • 郷土芸能写真集『The FOLK』監修(西村裕介撮影、リトルモア、2015年)
※ 以上、(公社)全日本郷土芸能協会【東京都】において
  • 宮城県仙台市「第29回民俗芸能のつどい」解説
  • 宮城県仙台市「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議 仙台・東北トレジャーズカフェ「るるるる郷土芸能」」企画制作
  • 宮城県南三陸町「第6回三陸海の盆in南三陸」企画・構成・解説
  • 宮城県庁「宮城県文化芸術の力による心の復興フォーラム」ワークショップ
  • 他、郷土芸能ワークショップ・レクチャー・講演 など
副代表・プロデューサー
山田 雅也(やまだ まさや)YAMADA Masaya
縦糸横糸合同会社 / 東京鹿踊
企画プランナー・コンテンツプロデューサー
MAIL

1980年生まれ。群馬県出身。
TVCMや映画制作における技術サポート、クリエーターマネジメント、プロデュース業を経験。東日本大震災を契機に東北に伝わる地域文化の価値と魅力を再考する場を作り発信し次代へ継承するための活動として「東京鹿踊」「縦糸横糸合同会社」を立ち上げ。鹿踊を踊る一方で、東北の風土や文化を活かしたコミュニケーションデザインを企画プロデュースを行っている。
東北と東京の二拠点で活動中。

実績
  • イベントプロモーション映像
  • 企業WEBサイトコンテンツ映像製作他
  • TVCMの映像技術コーディネート
  • 地域文化関連企画提案・コーディネート
  • 宮城県仙台市「G7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議 仙台・東北トレジャーズカフェ「るるるる郷土芸能」」企画制作
  • 宮城県栗原市「くりはら万葉祭」プロデュース
  • 他、地域ツーリズムコーディネート、郷土芸能ワークショップ など
※ 以上、ブック株式会社【東京都】において

会社概要

社 名
縦糸横糸合同会社 / tateito-yokoito llc.
住 所
〒981-0944 宮城県仙台市青葉区子平町3-9 #106
ADDRESS
3-9 #106,Shiheimachi,Aoba-ku,Sendai,Miyagi 981-0944 JAPAN
URL
http://tateito-yokoito.com
メール
電 話
090-2542-3552(小岩)
設 立
2016年1月15日

お問い合せフォームへ

縦糸横糸合同会社